痛風は治療することで予防可能|贅沢病と決別の時

健康になるには

女性

効果抜群で人気

ヨーグルトや納豆は、毎日の食事には欠かせない健康食です。なぜならこれらには、乳酸菌が含まれているためです。乳酸菌はなぜ体に良いのか。それはずばり、腸の調子を整える効果によって、全身の不調が改善していくからです。風邪をひいたり、インフルエンザにかかってしまう主な原因は、体の免疫力が弱っていることです。免疫力が弱っていると、悪い細菌やウイルスに勝つことができません。しかし、免疫力が高ければ高いほど、それらを跳ねのけることができるのです。人の体の免役細胞は、6割〜7割が腸に集中しています。つまり、腸が健康な状態であれば、体の不調など怖くないのです。さらにこのことは、大腸ガンの予防にもつながります。腸内環境が整っていれば、ガン細胞をも退治してくれます。

複数の種類

乳酸菌は体に良いということがわかり、毎日ヨーグルトなどを食べている人が大勢います。しかし、毎日同じヨーグルトを食べるというのは、効果が高まらない可能性があります。一口に乳酸菌といっても、多くの種類があります。腸の中でも、大腸だけに効果をもたらすものもあれば、小腸だけに効果的な乳酸菌があるのです。それぞれの乳酸菌をバランスよく摂取することで、腸内環境はより整います。それから、乳酸菌は時間をかけてゆっくり腸内で働きだし、また、ずっと腸内に留まることはありません。そのため、毎日の摂取が大切です。ヨーグルトであれば、フルーツが入ったものや、ドリンクタイプのもので、毎日乳酸菌を無理なく続けることができます。

Copyright © 2016 痛風は治療することで予防可能|贅沢病と決別の時 All Rights Reserved.